改めて考える

ちびまる子ちゃんの作者

さくらももこさんが亡くなったそうです。

 

53歳。

 

まだまだお若いのに、と思います。

 

ガン、というのは治る病気に

なったと言われますが、

 

やっぱり治らないじゃん。

 

それにしても、

ちびまる子ちゃん

という作品を世に生み出して、

多くの人に与えた影響は

すごいです。

 

さて、私はどうだろう・・・

 

自分が生きた痕跡を

残せているだろうか。

 

あらためて、

私が本当にやりたいことを

見直してみたいと思いました。

 

本日は、以上です。

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

毎月開催! 脱☆ドンブリ経営実践セミナー

 

脱★ドンブリ経営セミナー 8月28日(火)豊橋開催!

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

万が一の備えがいくら必要なのか

このところ私の周囲で

入院する人が増えています。

 

特別ともいえるこの夏の暑さも

影響しているのでしょう。

 

急な入院ということになると、

いろいろなことで焦りますね。

 

お金も必要になります。

 

健康上の「万が一」に対する準備が必要ですね。

 

さて、「万が一」といえば、

会社の場合でも万が一の場合があります。

 

災害による事業の停止

インフルエンザの流行

風評被害

取引先の倒産

などなど

 

みたいなものでしょうか。

 

競合企業からの攻撃なんてのも

あるかもしれません。

 

ある会社がある業かいに参入して

シェアを伸ばし始めたところ、

古株のライバル企業(超大手)が

お客さんのところをまわって

その会社の悪口を言いふらしたため

売れなくなってしまった、

なんて攻撃があった話を聞いたことがあります。

 

他の業界でも、

競合からの攻撃の話をいろいろと聞きます。

 

こういうのも、「万が一」の1種かもしれません。

 

企業活動の場合、

「万が一」の時には、

基本的にお金が大変なことになります。

 

売上が落ちまくっても、

出ていくお金はなかなか減らない、

 

結果、キャッシュが足りなくなる

なんてことになります。

 

そうならないためには、

「万が一の備え」

がある程度必要になります。

 

とはいえ、じゃぁ

その「万が一の備え」は

いくら用意しておけばよいのか?

 

「多ければ多いほどいい!」

 

と答える経営者もいます。

 

確かに多ければいいです。

 

しかし、「万が一の備え」を

際限なく貯めておくことはできません。

 

どこかで線引きが必要になります。

 

その線には、正解はありません。

 

経営者の判断で決めます。

 

とはいえ、どうやって判断したらよいのか?

 

その判断を

経営者自身で考えられるようになる

セミナーを開催しています。

 

https://snmc.jp/post_lp/donburi_toyohashi

 

自分なりの判断をできるようになりたい方は、ご参加ください。

 

本日は、以上です。

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

毎月開催! 脱☆ドンブリ経営実践セミナー

 

https://snmc.jp/post_lp/donburi_toyohashi

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

高校野球に感動

そういえば、今回の甲子園、

えらい盛り上がりましたね。

第100回全国高校野球選手権大会 第16日・決勝 金足農対大阪桐蔭 準優勝となった金足農の吉田輝星(中央)は笑顔と涙が入り交じったような表情を見せる=2018年8月21日20180821甲子園球場

103年ぶりに決勝に進出した

金足農業高校の活躍です。

 

いわゆる私立の強豪校が

推薦入学などで全国から

有力選手を集めてるのに対し、

 

金足農業高校は

地元の生徒たちだけのチームです。

 

そんな、普段は甲子園と縁遠そうな

高校が、甲子園で活躍をする。

 

すごく注目を集めました。

 

結果的には決勝で敗れましたが、

感動を残しました。

(多くの人が感動したと思います)

 

弱小が強大な敵と戦う。

 

弱小の方を応援したくなります。

 

ビジネスでもそうですよね。

 

中小企業が大企業と同じ土俵で戦う。

 

応援したくなります。

 

中小企業が大企業に負けない戦い方はあります。

 

今回の高校野球の感動から、

 

私は中小企業を応援したいと

改めて思いました。

 

本日は以上です。

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

毎月開催! 脱☆ドンブリ経営実践セミナー

 

脱★ドンブリ経営セミナー 2月15日(金)豊橋開催!

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

チャンスは突然やってくる

最近感じたこと。

 

チャンスは突然目の前に現れます。

 

そのチャンスを掴めるかどうかは、

普段からどれだけ心の準備が

できているのか次第です。

 

そんなことを思います。

 

本日は、以上です。

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

毎月開催! 脱☆ドンブリ経営実践セミナー

 

脱★ドンブリ経営セミナー 2月15日(金)豊橋開催!

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

自分で調べるのが大変なときは

ある件で、音声データを送ることになりました。

 

その際、

どういうデータ形式で

どういう方法で

送るのがいいのか、

自分では判断がつきませんでした。

 

試しにMP3という形式にしてみたところ、

元データよりずっと小さなファイルになりました。

 

これではきっと音質が落ちてしまいます。

 

どういうデータにしたらよいのか。

 

ウェブなどで調べればある程度は

検討がつくかもしれません。

 

しかし、あくまでも

「ある程度」であって、

ちょっと自信がない。

 

そうこう考えていると、

音声データの専門家の知り合いが

脳裏に浮かびました。

 

早速電話番号を調べて、

直接聞きました。

 

すると、

「品質を落とさずに送りたいならWAV、ただしデータが重い。

重いデータがまずければMP3、ただし音の品質は落ちる」

という、

私にとってはすっきりとした答え。

 

結果、

WAVとMP3の両方のファイルを作成し、

先方に選んでもらうことにしました。

 

自分が詳しくない分野の

ことについて迷ったら

専門家に聞く。

 

確か、ドラッカーさんも

そう言ってました。

 

改めて、

専門家を使うべき時には

ちゃんと使うことの大事さを

感じました。

 

私自身もある種の専門家でもあります。

 

人に聞かれた時に

ちゃんと適切な回答をできるよう

スキルを磨き続けることの

必要性も実感しました。

 

本日は、以上です。

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

毎月開催! 脱☆ドンブリ経営実践セミナー

 

脱★ドンブリ経営セミナー 2月15日(金)豊橋開催!

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

銀行のカモにされない方法

スルガ銀行の問題が大きくなってますね。

 

「スルガ銀、不適切融資1兆円 書類改ざんなど(日本経済新聞)」

 

シェアハウス投資に絡む不正融資を巡り、スルガ銀行の第三者委員会が実施した調査の概要が21日、分かった。審査資料の改ざんなど不適切な行為に基づく融資が1兆円規模にのぼるとした。スルガ銀は第三者委の調査結果を受けて、経営責任の明確化を含めて抜本的な体制刷新を迫られる。

 

 

1兆円規模!

 

不適切融資=不正融資とは限りませんが、

いずれにしてもとんでもない金額です。

 

ご存知、かぼちゃの馬車がきっかけで

明らかになってきたスルガ銀行の問題、

とてつもなく大きな問題ですね。

 

 

さて、この問題になっているスルガ銀行ですが、

実は、私の周りの仕事仲間の間では、

もともと評判が悪かったのです。

 

どんな風に言われていたかというと、

開業する医院などに、

多額すぎる金額を貸し付けます。

 

医院の経営者である院長は、

医療を提供する医師という立場であり、

経営のことは詳しくないんです。

 

なので、

借金が多すぎるかどうか

自分で判断ができない。

 

スルガ銀行に言われるがまま、

多額の借金をしてしまいます。

 

その結果、どうなるか。

 

多額の借金をすれば、当然、

多額の利息を払わなければなりません。

 

また、手元にお金がたくさんあるという

気のゆるみから、

不必要な高額の設備投資をしてしまったりと、

ある種の放漫経営のきっかけになります。

 

その結果、気が付けば

経営が苦しい状況に追い込まれます。

 

お金は使ってしまったので手元にあまりお金がない。

 

なのに、借入金の毎月の返済や

利息の支払いに追われます。

 

言われるがまま、

たくさん借りたことから、

経営が追い込まれてしまいます。

 

借金の返済と利息を支払うために

医院を続けている状況になってしまいます。

 

そのような状況では、

本来院長がやりたいはずだった

理想の医療の提供なんて

遠のいてしまいます。

 

スルガ銀行にとっては、

半永久的にお金を生み出してくれる

理想のアセットが完成です。

 

そんな医院をたくさん生み出していたので、

スルガ銀行は私の周りの仕事仲間の間では

とても評判が悪かったのです。

 

私の使命の1つは、

そういう悪徳の金融機関や業者から

経営者を守ることです。

 

上の例では「院長」でしたが、

一般企業の「社長」でも同じことです。

 

このような罠にかからないためには、

社長自身が自分で経営判断を

できることが大事です。

 

上の例の院長は、

自分で経営判断ができないため、

スルガ銀行のいうがまま

多額の借金をしてしまいました。

 

お金がかかわる経営判断について、

経営者が自分でできることは

非常に重要なことです。

 

私は、経営者が自分で経営判断をできるよう、

会社のお金の考え方をお伝えしています。

 

そんなお金の考え方がわかるセミナーを

毎月開催しています。

 

今月は、8月28日の開催です。

 

詳細は

 

脱★ドンブリ経営セミナー 2月15日(金)豊橋開催!

 

でご確認ください。

 

本日は、以上です。

 

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

毎月開催! 脱☆ドンブリ経営実践セミナー

 

脱★ドンブリ経営セミナー 2月15日(金)豊橋開催!

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

ここしばらく自分の環境が変化してます

今年の5月くらいから、

私の活動で

あることについて

進展が見られました。

 

この数年停滞し

私自身の内面に籠っていたことですが、

気持ちを外に向けて

行動をしていくことで、

変化が起きるということを

実感してます。

 

やりたいことを実現するため

外に向けて行動していく、

 

それが大事ですね。

 

それがなにかは今のところは

ここでは書きませんが、

 

近いうちにご報告できると思います。

 

本日は、以上です。

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

毎月開催! 脱☆ドンブリ経営実践セミナー

 

脱★ドンブリ経営セミナー 2月15日(金)豊橋開催!

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

金型置き場で苦労をしてませんか

ある工場の話。

 

その工場は、

プラスチック製品を

作っています。

 

プラスチック製品を作るには、

「金型」という、

金属製の型を使います。

 

金型の例

 

その工場は、中小企業のため、

発注元の会社から金型を

押し付けられ預かっています。

 

しかも大量に。

 

多品種少量生産ですね。

 

そして、その工場では、

金型が床に直置きされています。

 

工場内のあちこちに置いてあります

( ^ω^)・・・

 

この状態だと、

工場内でのいろいろな作業や、

仕掛品の置き場所に

困ります。

 

仕掛品が簡単に置けないので、

作業の効率が非常に悪い

 

ちなみに、

なぜ床に直置きになっているかというと、

金型は重いため、

ホイストというクレーンを

使って移動してるからなんですね。

 

 

金型をぶら下げて移動をするので、

どうしても、直置きになってしまうとのこと。

 

しかし、

そういうことを考慮した

便利な棚もあります。

 

金型ラックです。

 

 

棚がスライダーになっているので、

ホイストで金型を載せて

棚にしまうことができます。

 

便利ですね。

 

しかし、この金型ラック、

結構高価です。

 

なので、

 

お金をかけずに金型を床に置き続けるか(ただし生産効率悪い)

 

それとも、

 

お金がかかっても金型ラックを買って金型をちゃんと保管するか(生産効率は良くなる)

 

どうするか。

 

これは経営判断ですね。

 

その会社では、

財務状況、受注予測、生産効率、働き方などを

考慮して、

 

金型ラックを購入する経営判断をしました。

 

結果、金型ラック購入のために

一時的にお金は出ていきましたが、

 

生産効率が上がり、

取引先からの評価も上がったようです。

 

本日は、以上です。

 

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

毎月開催! 脱☆ドンブリ経営実践セミナー

 

https://snmc.jp/post_lp/donburi_toyohashi

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

予定納税で焦らないシンプルな方法

予定納税やら確定申告の時になって、

税金で焦ることはないですか?

事業をやっていると、

予想以上に納税額があり、

手元にその資金がなくて

焦りがちです。

 

そうならないためのテクニック。

 

専用の金融機関の口座に、

毎月の売上の10%を

入れておきます。

 

この口座は、

納税資金用の口座になります。

 

こうしておくだけで、

納税のための資金が

確実に確保できるので、

よく眠れます。

 

なお、10%を引いた残りのお金で

事業を回していく必要がありますね。

 

10%を分けておくか、

分けずにおくかも、

ある種の経営判断ですね。

 

本日は、以上です。

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

毎月開催! 脱☆ドンブリ経営実践セミナー

 

脱★ドンブリ経営セミナー 2月15日(金)豊橋開催!

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

キッチンを整理・整頓をしてみた

実家のキッチンの掃除をしました。

 

 

掃除と言っても、

経営用語的には、

 

整理・整頓

 

です。

 

この2つの言葉は、

同じような意味で使う人が

多いのですが、

 

経営用語的には、

全く別の意味の言葉です。

 

整理とは、

要るものと要らないものを分け

要るもののみを残すこと。

(要らないものは捨てる)

 

整頓とは、

必要なものをすぐに

取り出せるようにしておくこと

 

「整理」と「整頓」は、

5Sの一部分です。

 

5Sは、

整理・整頓・清掃・清潔・躾

です。

 

これら5つは、この順番で

優先度が高いとされています。

 

整理してモノを減らさなきゃ、

必要なものをすぐに取り出せるように

しようがない(整頓)。

 

さて、

実家のキッチンですが、

不完全ながらも

整理と整頓をして

 

かなり使いやすくなった、

と思ってます。

 

それと、今回の整理・整頓で

感じたのは、

 

このキッチンが

自分のじゃないから

整理・整頓を思い切ってやりやすかった

と感じました。

 

本日は、以上です。

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

毎月開催! 脱☆ドンブリ経営実践セミナー

 

脱★ドンブリ経営セミナー 2月15日(金)豊橋開催!

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。