でんじろう先生から学ぶ経営学④

こんにちは!

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する、

キャッシュフローコーチ®の佐野です!

 

でんじろう先生から学ぶ経営学、

ちょっと間があきましたが

まだまだ続きます。😁

 

ホンマねぇ、素晴らしいショー

だったので気づきも多かったんよ。

というわけで、今日は

「でんじろう先生から学ぶ経営学

です。

今回のショーでやった実験は、

いつもテレビでやってるあの実験、

みんな見たことがある実験ばかり

なんですよ。

 

あの実験、というのは、いわゆる、

  • ブーメラン
  • 液体を塗ると割れる風船
  • 風船で感じる空気の重さ
  • バルーンロケット
  • 空気砲

みたいな感じの実験です。

みたことありますよね?

ペーパーブーメラン

 

空気砲

 

空気の重さ

これらの実験、

あなたもきっと

見たことあると思うんです。

特別、目新しいものは

ありませんでした。

 

しかし、そこがポイントでも

あると思うんです。

 

でんじろう先生のショーは、

厳選のネタに絞り込んであります。

そして、その

絞り込んだネタを

磨きに磨きこんでます

これ、経営でも重要ですよね。

 

あれこれと手を広げるのって、

ついついやりがちですよね。

でも、

あれこれやってしまうと、

結局お客さまから選ばれなく

なります。

 

例として、こんなカツ丼屋が

イメージしやすいかもしれません。

そのカツ丼屋は、最初は

メニューが「カツ丼」だけ

だったのだけれど、お客さまから

たまご丼もできませんか?

といわれ、メニューに「たまご丼」を追加し、

牛丼もできませんか?

といわれ、メニューに「牛丼」を追加し、

オムライスできませんか?

といわれ、メニューに「オムライス」を追加し・・・

 

こんな風に、

お客さんの要望に応えて

いろいろと追加していくと、

なんでもあるお店

なります。

 

敢えてメニューを増やさなかった

としたら、「カツ丼専門店」です。

どんどんメニューを増やしたら、

「カツ丼もある定食屋」になります。

 

つまり、あれこれやることで、

専門性がなくなり、特徴のない

お店になってしまいます。

 

そこを敢えて我慢して絞り込む

そして、絞り込んだものは、

とにかく磨きまくる!

絞り込んだもの以外には

手をださない。

そういう、いわゆる専門化

中小零細企業が生き残る

王道です。

 

専門化すると、その領域で磨かれて、

ほんもの力が高まります。

 

ほんもの力が高まる

というのは、

  • 自分たちの能力が高くなる

というのと、

  • お客さんからほんものとして見られるようになる、

という両方の観点から言えます

 

でんじろう先生の、

絞りに絞った厳選のネタを見て、

そんな気付きを得ました。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!☺

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

モットー:

経営者のお金と人の悩みを解消して

本業を3倍加速する

 

お問い合わせ、FB友達申請はお気軽にどうぞ☺

 

HP: http://snmc.jp

メール : sano.hkm@gmail.com

Tel: 090-1967-8178

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100005035872226

Twitter: @snmcjp

所在地: 〒470-0123 愛知県日進市野方町前田234-2-201

大きなことを成し遂げるには

こんにちは!

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する、

キャッシュフローコーチ®の佐野です!

 

今日の記事も「脱★でんじろう先生」です!

 

ネット見てたら、こんな動画が

目に飛び込んできました。

 

いやー、ええ話ですわ。

Man plants a tree in the same place every day — 37 years later, the world is amazed by the result

Newsner.comさんの投稿 2017年8月14日月曜日

 

37年間、毎日1本の樹を植え続ける男

簡単に訳していきますね。

(めちゃ大雑把な訳です(;・∀・))

毎日砂漠に行く男

 

彼が持っているものは何なのか?

 

かつてここは生命に満ち溢れたオアシスだった。

 

人々が木を切り倒し、荒れ果てた大地になった。

 

このおじさんはココで育ち、その変化を目の当たりにした。

 

1979年、彼は決めた。

 

彼は荒れた大地に1本の木を植えた。

 

毎日1本の木を入れるのが彼のルーティンになって37年。
ルーティン…(´・ω・`)

 

そしたらスゲーことに!今ではなんと東京ドーム146個分の広さ!

(がんばって計算しました(^-^; )

 

動物たちも戻ってきたよ。

 

今では115頭ものゾウさんが住んでるよ。

 

トラとか、いろんな動物も。

 

生命に満ち溢れた森になったよ。

 

今じゃぁパラダイスや!

 

といった感じのお話です。

(ええ話や(´;ω;`))

 

このおじさんのやったことは、

毎日1本ずつ植える、

ということでした。

 

その1本1本はとても小さい

ものですが、その積み重ねが

大きな結果を生み出しました。

 

経営としても学びがあります。

 

そう、質より量!

それと、完璧主義!

 

経営においては、

「完璧にやらなきゃ(;・∀・)」

ていう想いは横においておきましょ!

 

完璧でなくてもいいので、

とにかくたくさん行動をする!

 

これ、大事ですよね。

 

質が低くても、量をこなせば、

あとから質や結果はついてきます!

 

そんなことを、この動画を見て

思ったのでした。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!☺

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

モットー:

経営者のお金と人の悩みを解消して

本業を3倍加速する

 

お問い合わせ、FB友達申請はお気軽にどうぞ☺

 

HP: http://snmc.jp

メール : sano.hkm@gmail.com

Tel: 090-1967-8178

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100005035872226

Twitter: @snmcjp

所在地: 〒470-0123 愛知県日進市野方町前田234-2-201

 

 

 

 

テトリスに学ぶ経営判断のキソ

こんにちは!

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する、

キャッシュフローコーチ®の佐野です!

 

ここ数日、

「でんじろう先生から学ぶ経営学」

のシリーズで書いてきました。

でんじろう先生シリーズは、

あと5本くらい書く予定です。

 

ですが、今日は気分を変えたい!🙄

 

なんせここ数日、私の頭の中は

でんじろう先生でいっぱいです。

ここ数日の私の脳内イメージ

ただ、ちょっとね、

頭の中がでんじろう先生に

占領されてるのはシンドイ。

 

なので、ちょっと今日は

気分転換にゲームなどしてました。

テトリスです!

いやもう、ゲームとしては

古典中の古典、名作ですよね。

 

横一列にブロックが揃うと消える、

ただこれだけですが、面白いです。

 

このゲームを分析するだけでも、

いろんなネタが出てくると

思うんですが、今日は、

そんなことは考えません。

 

とりあえず、遊びます。😎

 

遊びます。😎

 

遊び・・・😎

 

 

およよ、これは・・・

どっかで見た形だな。

 

ああ、そうだ!

これは、あの形と一緒です!

(え?強引?

これ、「お金のブロックパズル*」って

呼ばれていまして、

会社や医院のお金の流れを

図にして表したものです。

(*「お金のブロックパズル」…西順一郎先生の開発したSTRAC表をもとに、和仁達也先生がアレンジを加えたもの。)

 

この図だけわかれば、

経営で8割OKになります。

 

会社のお金の情報って、

代表的なのが「決算書」ですよね。

でも、決算書って、あくまでも、

社外の誰かのために作るものです。

 

代表的なのが、国のため。

国があなたの会社から

いくらの税金を徴収するか

1円単位で計算します。

 

あるいは、株主のため。

株主があなたの会社から

配当をいくらもらえるか、

などを計算します。

 

要は、決算書って、

社外の誰かに対する報告です。

でもそれが経営に役立つ情報か

というと、「?」がつきます。

 

「お金のブロックパズル」は、

そうではなく、

経営者にとって必要な

お金の見方を示したものです。

 

この図がわかると、いろんな

意思決定を行いやすくなります。

 

意思決定って、いろいろと

迷うところありますよね。

 

たとえば、

うちだったら、借入金はいくらが適切だろう?

とか、

設備投資で後悔しないようにするにはどう考えたらいいんだろう?

とか、

本当に意味のある売上目標はどうやったら立てれるんだろう?

あるいは、

みんなが本気でがんばれるようにするには、どうしたらいいんだろう?

なんてのもあるかもしれません。

 

それが、

「お金のブロックパズル」を

理解すると、ちゃんと自分で

納得しながら考えられるように

なります。

 

ポイントは、

経営者にとって必要なのは、

お金の流れをザックリと把握する

ことです。

お金のブロックパズルを使うと、

それを簡単にできます。

 

ザックリと把握することで、

いろんな意思決定が行いやすく

なります。

1円単位の細かい話に

捉われる必要は全くありませんよ。

 

「お金のブロックパズル」の内容は

ここでは書ききれないので

別の機会に譲りますが、

興味がある方は、和仁達也先生の

書籍「超★ドンブリ経営のすすめ」を

読めば概要は把握できます。

さらに深い内容については、

毎月開催している私のセミナーで

詳しくお伝えしています

直近のセミナー予定

 8月31日(木)19:00~21:00 豊橋市

 9月7日(木)14:00~16:00 名古屋

 (詳しくは http://snmc.jp/ でご確認ください)

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!☺

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

モットー:

経営者のお金と人の悩みを解消して

本業を3倍加速する

 

お問い合わせ、FB友達申請はお気軽にどうぞ☺

 

HP: http://snmc.jp

メール : sano.hkm@gmail.com

Tel: 090-1967-8178

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100005035872226

Twitter: @snmcjp

所在地: 〒470-0123 愛知県日進市野方町前田234-2-201

でんじろう先生から学ぶ経営学③

こんにちは!

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する、

キャッシュフローコーチ®の佐野です!

 

昨日に引き続き、

「でんじろう先生から学ぶ経営学③」

です。

でんじろう先生の

サイエンスショーを見ての

気づきをシェアしますね~

 

今回、会場となった

大府勤労文化会館は、

お客さんの入りが大盛況でした。

そして、やはり、

でんじろう先生のサイエンスショー

ということで、

非常に楽しめたわけです。

 

足を運んだ多くの人たちも、

でんじろう先生のサイエンスショー

だからこそ来たのだと思います。

そもそも、いまどき、

「サイエンスショー」といえば、

でんじろう先生を差し置いて

他にいないのではないでしょうか?

 

でんじろう先生じゃない

「サイエンスショー」…🙄

想像してみてもやはりイマイチ、

なんていうか、

盛り上がりそうなイメージが

浮かんできません。

おなじ内容のショーでも、

でんじろう先生がやるか、

別の人がやるかで、

イメージが全く変わって

きますよね。

 

それというのも、でんじろう先生は

サイエンスショーというジャンルで

ナンバーワンの座、

いやひょっとしたら、

オンリーワンの座を獲っている

からですよね。

 

サイエンスショーのジャンルでは、

でんじろう先生以外の人が

頭に全く浮かばない。

(いたらゴメンナサイ。ググってないです。)

 

まさに、

「でんじろう先生といえば、サイエンスショー」

「サイエンスショーといえば、でんじろう先生」

これを揺るぎなく

確立していらっしゃいます。

 

経営でこれ大事ですよね。

 

中小零細企業が勝つための方策。

それは、

何かでナンバーワン、

あるいはオンリーワン、になること。

そしてそれは、結果的に、

顧客の頭の中に

「〇〇といえば、〇〇社」

「〇〇社といえば、〇〇」

というイメージを確立する

ことでもあります。

 

何かでナンバーワンになる

というのは、たとえば、

地域でナンバーワンになるぞ!

とか、

親しみやすさでナンバーワンになるわ!

みたいな感じの取り組みをします。

 

といっても、いうのは簡単ですけど、

やるのは大変ですよね、

なにかでナンバーワンになるのって。

 

そしたら軸を増やしちゃいましょう!

軸を増やしちゃえばいいんです!

 

軸を増やすって

どういうことかって言うと、

地域で親しみやすさナンバーワンになるぞ!

みたいな感じに、

組み合わせちゃうってことです。

 

これなら、がんばれば、

そうなれる可能性は高まりますよね。

なんならもっと軸を増やして

絞ってしまえばいいです。

 

自分が狙えるポジションを

こうやって絞り込んで、

そこを獲りにいっちゃいましょ!☝

 

でんじろう先生のショーから、

改めてそんな気づきを得ました。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!☺

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

モットー:

経営者のお金と人の悩みを解消して

本業を3倍加速する

 

お問い合わせ、FB友達申請はお気軽にどうぞ☺

 

HP: http://snmc.jp

メール : sano.hkm@gmail.com

Tel: 090-1967-8178

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100005035872226

Twitter: @snmcjp

所在地: 〒470-0123 愛知県日進市野方町前田234-2-201

 

 

でんじろう先生から学ぶ経営学②

こんにちは!

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する、

キャッシュフローコーチ®の佐野です!

 

昨日の記事に引き続き、

「でんじろう先生から学ぶ経営学②」

ということで、でんじろう先生の

サイエンスショーを見ての

気づきをシェアしますね~

サイエンスショーで

でんじろう先生が見せた

科学実験ですが、

ネタはいつもの「アレ」です。

 

「アレ」というのは、いわゆる、

  • ブーメラン
  • 液体を塗ると割れる風船
  • 風船で感じる空気の重さ
  • バルーンロケット
  • 空気砲

みたいな感じのネタです。

とはいえ、

いつものあの実験だからといって、

退屈かというと、そんなことはない!

 

とにかく、見せ方、

もっといえば、魅せ方が

上手です!

いつものあの実験なのに、

全く飽きさせることのない

ショーを展開してました。

 

楽しませるために

いろんな要素を組み合わせて

使っていました。

たとえば、

  • 照明や音楽・効果音の活用、
  • 会場ホールの空間を最大限に使った実験・演出(実験のブツが頭上を通過しますw)、
  • プレゼントつきのクイズ、
  • 観客席も体験・体感できる実験

などなど、

ものすごく工夫に富んでいて、

エンターテイメント性が

非常に高いです!

いつもと同じものでも、

見せ方で価値が高まってます!

 

これって経営でもありますよね!

 

たとえば、パッケージ

同じ商品でも、パッケージ次第で、

価値が高いものに見えたり、

価値が低いものに見えたり

しますよね。

(ネットで拾った写真で例を示そうかと思ったけど、アカン、怒られそう(>_<))

 

あるいは、ただ見るだけではなく、

体験型の見せ方

見るだけだと、

ふーん

だったものが、体験型になると、

へーっっ!!

ってなったりしますよね。

 

見せ方は、他にも

いろいろな方法、観点があります。

そんな感じで、同じものでも

見せ方が大事です!

同じものでも見せ方次第で、

お客さんが感じる価値が

高くなったり低くなったりします。

そんなことに改めて気づかされました!

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 


佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

モットー:

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する

HP: http://snmc.jp

お問い合わせ、FB友達申請はお気軽にどうぞ☺

メール : sano.hkm@gmail.com

Tel: 090-1967-8178

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100005035872226

Twitter: @snmcjp

でんじろう先生から学ぶ経営学①

こんにちは!

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する、

キャッシュフローコーチ®の佐野です!

 

友人から誘われて米村でんじろう先生の

サイエンスショーに行ってきました!

生でみるのは初めてです。

いつもテレビで見るような

「あの」実験でしたが、

演出がすばらしいこともあり、

とても楽しむことができました。

 

そんな中から得た

気づきをシェアしますね~

(なお写真撮影禁止だったため、当日のショーの写真はありません。)

 

まず、でんじろう先生の実験ですが、

流れがありますよね。

 

すごく大雑把にいうと、こんな流れ。

  1. まず、実験をして、興味深い現象を見せる。
  2. 次に、その現象の背後にある原理を解説する。

なので、見てる側は、

実験で起きることの

不思議さを体験して、

えー不思議~!?

 

と思って興味を持ったところで、

その原理を学べる、

という感じです。

 

でんじろう先生の

”魅せる”科学実験では、

現象のウラには必ず原理がある

という点が強調されてます。

 

これは経営でも言えます。

 

上手くいっている会社は、

必ずなんらかの原理が

背後に働いてます。

 

理由もなくうまくいってる

会社なんてないってことです。

先日の記事で、

他店をマネしてもだめだよー、自社のオリジナリティや強みを磨きましょう!

といった感じの話を書きました。

これ、もうちょっと正確に言うと、

モロに目にみえるところを

マネしてもダメ

ってことです。

 

上手くいっている会社の

目に見えるところではなく、

その結果を生み出す

原理は参考にしましょう!

 

たとえば、

あの会社が他社にはないコレをウリにして上手くいってるから、 ウチもコレをマネしよう!

ではなく、

あの会社は他社にはないものをウリにして上手くいってるから、ウチも他社にはないものをウリにしよう!

みたいな感じですね。

 

なお、この原理については、

いろんな学者さんが提唱しています。

 

その原理は、大いに学ぶべき

ところがあると思います。

 

ただね、

学者さんのそんな

いろんな原理、

難しいんですよね~

 

有名な学者の書いた本とかみても、

たいてい難し~くかいてあります。

あと、分厚い

一応ウチにもありますが、分厚さを見ただけで気絶しそう

とはいえ、そういった原理を、

わかりやすく解説した

書籍とかもあります。

なので、そういった書籍を

読んでみたり、

周りにいる詳しい人に聞いてみると、

いろいろと気づきが得られる

かもしれません。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 


佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

モットー:

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する

HP: http://snmc.jp

お問い合わせ、FB友達申請はお気軽にどうぞ☺

メール : sano.hkm@gmail.com

Tel: 090-1967-8178

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100005035872226

Twitter: @snmcjp

モヤモヤを解消するには

こんにちは!

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する、

キャッシュフローコーチ®の佐野です!

 

実は私、生活の一部に

音楽の練習が入っています。

どんな感じかって言うと

まず基礎練習をして、それから、

スゴイ人たちが演奏する音源を

聞いて、考えて、マネしてみて、

それから自分なりにアレンジして使ってみて、

なんていう練習を毎日しています。

 

ただ、音源の音が何を

やっているのか

はっきりわからずにモヤモヤ

することがあります。

で、モヤモヤするときは

その音を紙に書き出してみます。

いわゆる、見える化ですね。

(自分用のメモなので他の人が見てもきっとわかりません…)

 

でも見える化すると、

何をしているのか掴みやすくなります。

何をしているのかがわかれば

あとは練習です。

考えなくてもできるように

体に叩き込みます。

 

経営でもありますよね。

モヤモヤするやつ。

 

よくあるのが、

お金の流れが見えなくてモヤモヤ

これも、まず対策として

やることは同じです。

つまり、見える化をします。

見える化すると、文字通り、

見えなかったものが

見えるようになって

すっきりとします。

 

もう一つ、よくあるのが

社員が思うように動いてくれない

モヤモヤです。

昨日の記事でも書きましたが、

社長と社員の気持ちのズレを

縮めるには、

頭の中を定義を揃えたり、

情報量の差を埋めることが

効果的です。

 

そのための前提となるのが

頭の中の定義や情報量の差の

見える化です。

何が違うのかがわからないと

対策も打ちようがないですからね。

 

いろんなモヤモヤがありますが、

対策の第一歩は見える化です。

 

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!☺

 


佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

モットー:

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する

HP: http://snmc.jp

お問い合わせ、FB友達申請はお気軽にどうぞ☺

メール : sano.hkm@gmail.com

Tel: 090-1967-8178

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100005035872226

Twitter: @snmcjp

社長と社員の気持ちのズレを解消するには

こんにちは!

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する、

キャッシュフローコーチ®の佐野です!

 

お盆で急遽友人が帰省したので

会いに行って来ました。

 

急遽、というのは、

彼ががんばっていた仕事の案件が

キャンセルになり、

お盆の仕事が休みに

なったんだとか。

 

なんにしろ、

昔の友人と会うのはいいですね。

 

さて、そんな彼ですが、今、

クロアゲハの幼虫を見つけて

育てています。

参考画像: クロアゲハ

エレガントォォォッッッ!

ワクワクします!😊

 

ちょうど今、マユを作り始めています。

(苦手な方に配慮してちっちゃい画像にしました)

 

ん?マユ?

クロアゲハってマユを作らないよね?

参考画像: クロアゲハのサナギ

 

改めて調べてみると、実はこれ、

スズメガの幼虫だと判明しました。😱

 

スズメガというと、僕のイメージでは、悪魔の使者のようなガです。😱

参考画像: スズメガ

(苦手な方に配慮してちっちゃい画像にしました。見たい方は画像をクリック!クリック!)

 

同じ幼虫でも、

クロアゲハの幼虫と思うときと

ススメガの幼虫と思う時で

感情が全く変わります。

 

それが一体何であるのかという

見方が変わると感じ方が全然違う

 

経営でも同じようなことがあります。

 

例えば、「利益」。

「利益」とは何なのかーていう

その捉え方、つまり、

頭の中での定義が違うと、

感じ方が全く変わります。

 

社長の思う「利益」の定義と

社員の思う「利益」の定義

たいてい異なります。

 

社員は「利益」のことを

残ったお金って思ってますが

社長はそうは思ってないですよね。

 

実際「利益」というのは、

残ったお金ではなく、

まだそこから税金や借入金返済などが

出ていきます。

 

だから、社長が、

社長
この利益じゃ足らない!もっとがんばれ!

って言っても、社員は

社員
利益出てるからいいじゃん。言われたことはちゃんとやってます!

 

と、気持ちのズレが生じます。

 

気持ちのズレがあるから、

社長が言っても

なかなか伝わらなくて

じれったいなんてことが

起ります。

 

気持ちのズレを解消するためには

まずは

社長と社員の頭の中の

定義を揃える、あるいは、

情報量の差を埋める

ということが大事です。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!☺

 


佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

モットー:

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する

HP: http://snmc.jp

お問い合わせ、FB友達申請はお気軽にどうぞ☺

メール : sano.hkm@gmail.com

Tel: 090-1967-8178

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100005035872226

Twitter: @snmcjp

競争しないコツ

こんにちは!

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する、

キャッシュフローコーチ®の佐野です!

 

お盆の渋滞ラッシュ、すごいですね(;・∀・)

なんでも関越道で45Km の渋滞だとか。

ヒェ~

45Kmもの渋滞に巻き込まれたら、

気が遠くなりますよね。

 

お盆で一斉にみんなが

同じように動いて

限られた道路に殺到することで

こんなスゴイ渋滞が起きる

わけです。

 

みんなが動いてないとき

だったらラクなのに!

それか、みんなと違う道だったら

まだマシなのに。

 

こういうのって経営でも

ありますよね。

 

コンサルティングで

いろんな業種の社長さんと

会ってると、

同業他社が何をやってるか教えて欲しい。マネして同じようにやりたい。

といった質問をよくされます。

 

ですが、これって、

お盆の大渋滞と一緒ですよね。

 

他社のマネして同じことを

やろうとしていたら、

どの会社も

似たり寄ったりになって、

ジリ貧になっちゃいます。

 

お客さんからみて、

モノが同等だったら、

判断基準は「価格」になります。

そうなると、当然、

お客さんは安い方を選びます。

 

そして安売り合戦の

消耗戦になってしまいます。

 

そうならないように、

中小企業は他社のマネをするよりも、

自社だけのオリジナリティを出す

他社にはない自社の強みを徹底的に磨

それが中小企業が成功する秘訣です。

そうすることで、

「価格」以外のところで勝負ができ、

お客さんに選んでもらえる

理由になります。

 

ただ、磨くべき強みって、

なかなか自分では

わからないんですよね。

客観的になれないから。

強みの見つけ方は、また別の投稿で。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!☺

 


佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

モットー:

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する

HP: http://snmc.jp

お問い合わせ、FB友達申請はお気軽にどうぞ☺

メール : sano.hkm@gmail.com

Tel: 090-1967-8178

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100005035872226

Twitter: @snmcjp

なんでもキャッチするアンテナを立てるには?

こんにちは!

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する、

キャッシュフローコーチ®の佐野です!

 

先日、タブラ(インドの打楽器)の

張替をしました。

タブラは大小2つセットの

打楽器です。

 

今回、タブラを教える必要が

生じたので、

割れたものを友人より

急遽もらい受け、

家に置いてあった

皮のストックに張り替えて

間に合わせました。

 

最近実は、私には音楽を

教える責任が生じ始めている

気がしており、

その責任のもとで少しづつ

教えることも始めようと

思っています。

(この「責任」については、また別の機会に書きます。)

さて、このタブラという打楽器ですが

打楽器としては特殊で

繊細なチューニングを必要とします。

 

叩く位置によって音の高さが

違ってはダメです。

なので、あちこちを叩きながら、

全て同じ高さの音になるように

微調整をします。

 

チューニングの仕方も教えます。

あちこちを叩きながら、

これ、ここ叩いた時と、こっち叩いた時、音の高さ違うでしょ?これが同じになるように…
違いがわかりません

 

ちょっと驚きました。

私にはハッキリと

違う高さの音に聞こえるのに、

そうかぁ、普通の感覚では

聞き分けられないんだ…

 

でも考えてみたら、

確かに訓練を要する感覚なので、

そうかもしれないなとも思いました。

 

私の音楽の先生(インド人)は

こんな風に言います。

毎日、ちゃんと音を磨き続けないとダメ。ちゃんとキレイに磨き続けないと、その音に神様座ってくれないよ。だからちゃんと毎日磨き続けて

 

毎日ちゃんと磨き続けることで、

感覚が鋭敏になる。

 

これって、ビジネス、

あるいは経営でもありますよね。

 

毎日ちゃんとアンテナを立てて

いろんな情報に対する感覚を

磨き続けることで、

感覚が鋭敏になって

いろんなことをキャッチ

できるようになる。

 

このブログもそうです。

記事を書くために、

毎日アンテナを立ててます。

そうすることで、

いろんなことに対する

感度が高まりますよね。

 

毎日アンテナを磨き続けること、これ大事

そんなことを思った出来事でした。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!☺

 


佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

モットー:

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する

HP: http://snmc.jp

お問い合わせ、FBの友達申請はお気軽に☺どうぞ

メール : sano.hkm@gmail.com

Tel: 090-1967-8178

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100005035872226

Twitter: @snmcjp