LINEで送る
Pocket

こんにちは!

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

日光東照宮の

「見ざる・言わざる・聞かざる」

像の修理が話題というか騒動に

なっていました。

 

正式名称は「三猿」と言います。

(詳しくはコチラの参考記事を読んでね ⇒ 「下手すぎてワロタ」批判の日光三猿 でも…「本当の姿」って何?

 

参考記事より画像拝借

 

そういえば

「見ざる・言わざる・聞かざる」像

といえば、思い出すことがあります。

 

10年くらい前のことですが、

奇祭で有名な山奥の村の

さらに山奥の廃村を訪れたところ、

お墓がありました。

 

その墓石には

「見ざる・言わざる・聞かざる」

の像が彫ってありました。

 

きっとその廃村は昔、

村の外に漏らしてはいけない

重大な秘密を抱えてたんでしょうね。

 

(正直コワイ…)

 

さて話を戻すと、日光東照宮の

「見ざる・言わざる・聞かざる」

の像ですが、

今回の修理前後で全然違うと

話題になってました。

 

参考記事より画像拝借

 

たしかに、こうやって見ると、

素人目にも全然違う。

 

顔の形、目の大きさ、

全然違います。

 

なんていうか、

目が大きくなったことで

コミカルになったように感じます。

 

このように修理の前後で

大きく変わったことが、

ネット上で批判されてました。

 

しかし、

参考記事にもあるように、

これまで三猿は

数えきれないほどの回数、

塗り替えされてきてて、

もともとの一番最初が

どうだったかってのは

わからないのだそうです。

 

写真が残っている近年の

ものだけでも、こんなに違う。

 

参考記事より画像拝借

 

ただ、この事実、

一般人は知らないですよね。

 

一般人にとって

「修理」の定義って、

「修理前の塗装をきれいに再現」

って感じじゃないかと思うんです。

 

でも、

三猿を「修理」したプロは

もっと別の定義を

使っていると思います。

 

「修復」という言葉ではなく

「修理」という言葉を使って

いることにも意味があるように

感じます。

 

一般人とプロで「修理」という

言葉の定義が違う

ことが、今回の騒動の一因です。

 

経営でも、

人によって言葉の定義が

違うことから起こる問題って

あります。

 

たとえば、上司がスタッフに

「今度プレゼンする資料を

キレイにしておいて」

と指示をしたとき。

 

上司とスタッフの頭の中で

「キレイ」

という言葉が指す状態、

その定義が違ったら

問題が生じますよね。

 

スタッフが、

自分が思う「キレイ」な資料を

用意しても、

上司が思う「キレイ」とは違うので、

「何やってんだ!😡

てなります。

 

このように、

言葉の定義が揃ってないと

問題が生じます。

 

逆に、言葉の定義が揃っていれば、

上司の期待していたものに近い

「キレイ」な資料ができますよね。

 

言葉の定義が

揃っていれば、

うまく進みます。

 

他の例をあげるなら、

「利益」の定義。

 

スタッフは、「利益」って

「残ったお金」って思ってます。

 

でも、実際は「利益」は

「残ったお金」ではありません。

 

「利益」が出ていても、

まだお金が出ていくので、

なかなかお金は残りません。

 

そのことを社長は知っています。

 

だから社長は危機感があります。

 

でも、スタッフは

そんな危機感もなく、

ノホホンとしてます。

 

社長と社員には

危機感のズレがあって、

社長の考えが

社員に伝わりにくい状態です。

 

いわばぼっち社長です。

 

社長とスタッフの

危機感のギャップを埋めるには、

「利益」の定義を揃える必要が

あります。

 

そのために、

会社のお金の流れが

どうなっているのか、

教育する必要があります。

 

でも、

スタッフに会計的な話をしても

理解できないのがフツーです。

 

そこで便利なのが、

「お金のブロックパズル」を

用いた教育です。

 

私たちキャッシュフローコーチは、

「お金のブロックパズル」を用いて

社員教育も行っています。

 

これは、社長ご自身でもできます。

 

「お金のブロックパズル」なら、

会計的な難しい話をすることなく、

直感的に会社のお金の流れを

理解できます。

 

「お金のブロックパズル」の概要は、

こちらの本☟を読めば理解できますよ。

 

言葉の定義を揃えると、

いろんな問題が解決します。

 

日光東照宮の

「見ざる・言わざる・聞かざる」

から、そんなことを思いました。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!☺

 

「脱★ドンブリ経営実践セミナー」のお知らせ

「お金のブロックパズル」の概要はわかったが、そこから先になかなか進めないという方には、セミナーで学ぶという方法もあります。

 

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

9月26日(火)19時~21時 豊橋 会場:アイプラザ豊橋308会議室(FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

モットー:

経営者のお金と人の悩みを解消して

本業を3倍加速する

 

お問い合わせ、FB友達申請はお気軽にどうぞ☺

 

HP: http://snmc.jp

メール : sano.hkm@gmail.com

Tel: 090-1967-8178

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100005035872226

Twitter: @snmcjp

所在地: 〒470-0123 愛知県日進市野方町前田234-2-201

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です