LINEで送る
Pocket

こんにちは!

経営者の人とお金の悩みを解消して

本業を3倍加速する、

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

いつの間にかAIがいろんなものに

登場する時代になりました。

 

技術的にも身近になってきたのか、

いろんな面白いアイデアが

実装され始めています。

 

最近見かけた記事(萌えキャラ自動生成AIが大反響 作者は留学生、感じた「怖さ」とは?)だと、こんなのとか☟

 

萌えキャラ自動生成AI ⇒ http://make.girls.moe/#/ (萌えキャラ画像を作れるよ)

 

試しに萌えキャラ画像をいくつか生成してみました。

 

なるほど。

 

技術的な面に目を向けると、

GAN(Generative Adversarial Network )

という方式で学習をした

AIだということです。

 

調べてみると、

AIには実は2パターンあるんだとか。

 

1つは、認識・判別するタイプのAI。

 

もう1つは、生成するタイプのAI。

 

AIが学習をするには、

ものすごく大量の学習データが

必要です。

 

そのため、

人間がそのデータを用意するのは、

困難な場合があります。

 

GANは、そのデータの問題を

クリアする方法です。

 

GANでは、認識型AIと生成型AIを

セットにして競わせます。

イメージはこんな感じ☟

 

生成型AI
絵、描いてみたで~

どや?

認識型AI
よぉ描けたな。

でも、ココら辺がちょい不自然やで

生成型AI
そか、ほな、もっかい描いてみるわ。

こんならどや?

認識型AI
おぉ、ウマなったな。

でもワシも目が肥えてきたんや。

AIが描いたもんにだまされへんで。

まだまだこの辺がオカシイんや

生成型AI
そか、ほな、もっかい描いてみるわ。

こんならどや?

認識型AI
おぉ、ウマなったな。

でもワシも目が肥えてきたんや。

AIが描いたもんにだまされへんで。

まだまだこの辺がオカシイんや

・・・(ずっと続く)

 

こんな感じで学習していきます。

人間がデータを全部用意しなくても、

認識型AIと生成型AIで学習が進む

・・・うまいやり方を考えるもんですね。

 

その他には、こんなAIの活用も

あるそうです☟

 

キュウリ、「AI仕分け機」完成 改良重ね3号機

 

これ、農家の方が自分で

完成させたそうです。

一応前職は技術系の方なので、

こういうことをする素地は

あったのだと思います。

 

しかし、やはり、

AIが身近になってきているのを

感じてしまいます。

 

これほど身近な技術に

なってきていると、あとは、

どんなアイデアを出すか、

というところにフォーカスが

移るように思います。

 

アイデアを出すのに、

アイデア発想法という

便利なものがあります。

共著で書かせていただきました。

いろんな種類の

アイデア発想法がありますが、

私がよくコンサルティングで使うのは

オズボーン法」というものです。

 

これは、あらかじめ

「ヒント」を用意しておき、

その「ヒント」にしたがって

アイデアを考えていく

というものです。

 

いろんな角度の「ヒント」を

使うことで、アイデアの発想に

奥行きがでます。

 

オズボーンさんの「ヒント」は、

たくさんあるので

ここでは省略しますが、

それをシンプルにしたものとして、

だ・さ・く・に・た・お・ち

というのがあります。

 

  • だ・・・代用したら?
  • さ・・・逆さまにしたら?
  • く・・・組み合わせたら?
  • に・・・似たものはないか?
  • た・・・他の用途はないか?
  • お・・・大きくしたら?
  • ち・・・小さくしたら?

(参考:「発想法入門」(著者:星野匡、日経文庫))

 

いろいろなアイデア発想法があり、

上手に使えばたくさんの

アイデアを生み出すことができます。

 

数人集まってやれば、

ものすごい数のアイデアが出ます。

 

ただし、それをやる前提として、

アイデアが出やすい状態を

作っておく必要があります。

 

それは

安心・安全・ポジティブ

な状態です。

 

安心・安全・ポジティブな

空気がないと、

心のブレーキがかかってしまい、

アイデアが出てきません。

 

それは、逆の状態を想像すると

わかりやすいです。

 

安心・安全・ポジティブの逆は、

不安・危険・ネガティブ。

発言をして、否定されたり、

批判されたり、非難されたり、

をかくような空気です。

そんな空気だったら、

だれも発言したがらないですよね。

 

アイデアを出すためには、

安心・安全・ポジティブが

大前提となります。

 

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!☺

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

モットー:

経営者のお金と人の悩みを解消して

本業を3倍加速する

 

お問い合わせ、FB友達申請はお気軽にどうぞ☺

 

HP: http://snmc.jp

メール : sano.hkm@gmail.com

Tel: 090-1967-8178

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100005035872226

Twitter: @snmcjp

所在地: 〒470-0123 愛知県日進市野方町前田234-2-201

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です