LINEで送る
Pocket

昨年より、知的好奇心を満たすため、

ディープラーニング技術について勉強してます。

 

もともとは好奇心が動機ですが、

せっかくなので、

企業さんからのAI導入の相談にも乗れるよう、

体系的に勉強に取り組むことにしました。

 

そんなで、とりあえず今回、

ディープラーニングG検定(ジェネラリスト検定)を受けてみました。

 

日本でAIの牽引をしている松尾豊氏が理事をしている

日本ディープラーニング協会の検定試験です。

 

ディープラーニング「ジェネラリスト」は

 

ディープラーニングの基礎知識を有し、

適切な活用方針を決定して

事業応用する能力を持つ人材

(日本ディープラニング協会のHPより)

 

と定義されています。

 

試験内容は、技術的な内容から、歴史、社会、法律など、とても幅広いものでした。

(ていうか、公式テキストに載ってない試験内容が多かったやんけ)

 

合否の通知は3月15日までに来るとのこと。

 

このところ、知識のための勉強が多かったので、自分でディープラーニングのプログラムを書くのは休んでました。

 

試験も終わったので、またプログラム作りに励みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です