LINEで送る
Pocket

ハーマンモデル診断をやってみました。

 

私の結果は「冒険的・独創的」が一番強いグラフでした。

(グラフそのものの掲載は控えておきます…)

 

脳の使い方は、人それぞれ違います。

 

いわば、利き脳があります。

 

ハーマンモデルは、

人それぞれの利き脳のモデルです。

 

脳の使い方として、

「論理的・理性的」

「冒険的・独創的」

「計画的・堅実的」

「友好的・感覚的」

があります。

 

人それぞれ、これら4つの使用配分のバランスに癖があるんですね。

 

これらを知ることは、組織づくりで活用できます。

 

スタッフらの利き脳がわかると、適材適所に使えますね。

 

このハーマンモデルに似てると思うのが、

神田昌典さんの提唱している神話のマネジメントです。

(ハーマン・モデルが元ネタかもしれません…)

 

会社の創業から成長していく過程でどんなことが起きるかを事前に予測し、まとめています。

神田さんは、昔話の桃太郎で例えています。

 

桃太郎のキャラをハーマンモデルに並べると、

 

桃太郎(起業家) 「冒険的・独創的」

犬(実務者) 「論理的・理性的」

サル(官僚) 「計画的・堅実的」

キジ(まとめ役) 「友好的・感覚的」

 

こうやって並べて考えると、

あれこれと想像が膨らみます。

 

とりあえず、本日は以上です。

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

毎月開催! 脱☆ドンブリ経営実践セミナー

 

脱★ドンブリ経営セミナー 2月15日(金)豊橋開催!

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です