LINEで送る
Pocket

先日、社長からご相談をいただいたのは、

 

社員の動きがなにかにつけて遅い、

 

ということでした。

 

たとえば、

メールの返事が遅い。

 

遅い、というよりも、

そもそも返事がない。

 

だから、

メールを送っても、

読んだのか読んでないのか

わからない!

 

社員に直接、

メールのことを聞くと、

確かに読んでいる。

 

でも、返事がなかったり、

遅かったりしている。

 

私も社員とメールしてたので、

社長の言ってる意味がわかります。

 

社内のみならず、

社外の人に対しても

メールの問題がありそうです。

 

メール以外の例では、

経理がとにかく遅い。

 

半年前の数字を確認したくても

その数字があがってこない。

 

そもそも、

まだ数字を入力すらしてない。

 

そんな会社内の現状に、

社長は頭を悩ませています

 

で、実をいうと、

私は気が付いていたことがありました。

 

それは、

社長もメールの返事が遅いことです。

 

返事がないことも多々あります

 

メールで伝えた件について、

会ったときに直接確認すると、

読んでいます。

 

でも、ただ読んだだけで、

 

私がメールでお願いしていた書類は

準備してくれていませんでした。

 

つまり、どういうことかというと、

 

社長がちゃんとやらないから、

社員もちゃんとやらないんです。

 

社員は社長の行動をよく見ています。

 

社員の行動は、

社長の行動を

鏡で見ているようなものです。

 

 

社長がちゃんとやっていないことを、

社員に向かって

 

社長
ちゃんとやれ!

 

といったところで、

社員は、

 

社員
アンタ、

やってへんやん。

 

と思ってます。

 

社長ができていないことを、

社員に求めても、

伝わりません。

 

その会社では、

まずは社長から

ちゃんとやることにしました。

 

社長にメールを送ると、

すぐにちゃん返事がきます。

 

メールで伝えたことは、

準備するものがあれば

すぐに準備をするようにしています。

 

このように、

まずは社長が行動を変えたところ、

 

しばらくして、

社員も同じようにちゃんと行動をするようになりました。

 

そう、

社員は社長を見ています。

 

社長は

社員の模範になるように

行動しなければ、

 

社員に何か言っても

伝わりません。

 

本日は、以上です。

 

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

毎月開催! 脱☆ドンブリ経営実践セミナー

 

脱★ドンブリ経営セミナー 2月15日(金)豊橋開催!

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です