LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

昨日の記事で、

ビジョンとお金の両輪の経営

について書きました。

 

両輪の経営とは

 

今日はその続きで、

根拠のある売上目標の

立て方についてです。

 

ビジョンとお金を両輪として

連動するにはどうしたらいいか。

 

1つのやりかたは、

ビジョンの実現に必要なお金を

明確にすることです。

 

 

たとえば、

 

3年後に東京に進出するというビジョン

 

があったとします。

 

どういうふうにして進出

するかよくよく検討すれば、

おおよそいくらのお金が

必要か出てきます。

 

仮にそれが3,000万円としましょう。

 

その3,000万円を自己資金で

用意するとします。

 

そうすると、

 

これから3年間、毎年1,000万円ずつ貯めよう!

 

なんてプランが考えられます。

 

そういうプランを立てたなら、

今年は1,000万円を

貯めなければなりません。

 

もしたまらなければ、

3年後の東京進出は、

1年先送りになります。

 

ビジョンとお金をつなげた

プランがあればこのように、

遅れることがはっきりと

わかります。

 

そうしたら、

今年なんとしても1,000万円

貯めなければならない

理由になります。

 

頑張れます。

 

さて、じゃぁ、今年1,000万円

ためるには、どうしたらいいのか。

 

この1,000万円というのは、

 

利益から税金・設備投資・返済

などのお金を払った後のお金で

用意しなければなりません。

 

とういうことは、逆算

いくらの利益が必要かわかります。

 

さらに言えば、

この利益というのは、

粗利から人件費など

いろいろな費用を払った

あとのお金です。

 

ということは、

さらに逆算すると、

いくらの粗利が

必要かわかります。

 

さらに、

この粗利というのは、

売上から仕入れや外注などを

払った後のお金です。

 

だから、さらに逆算すると、

いくらの売上が必要かわかります。

 

このように、

ビジョンの実現に必要なお金から、

今年の売上目標が決まってきます。

 

とはいえ、こうやって考えると、

結構たいへんな計算です。

 

ややこしいですね。

 

これを簡単かつ直観的に

考える方法があります。

 

それが、お金のブロックパズルです☟

 

 

この図を使うと、

ビジョンとお金を連動する

売上目標の計算が簡単にできます。

 

お金のブロックパズルを

組み立てて、

 

逆算します。

 

 

 

なお、この「お金のブロックパズル」

については、毎月開催しているセミナーで

わかりやすくお伝えしています。

 

早く深く理解したい方には

おすすめです。

脱★ドンブリ経営セミナー 2月15日(金)豊橋開催!

 

 

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

毎月開催! 脱☆ドンブリ経営実践セミナー

 

脱★ドンブリ経営セミナー 2月15日(金)豊橋開催!

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です