LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

「儲ける社長のPDCAのまわし方」

を読みました。

 

 

実は、小山昇氏の著書を

読むのは初めてです。

 

最近、氏の書籍をブログ界隈で

よく見かけるため、

気になって私も一冊

読んでみました。

 

なるほど!

 

著者が自分の経営する

会社内で実践してきた

PDCAの回し方のコツを、

 

実践者の立場で

書いておられます。

 

勉強になります。

 

細かい内容は書籍に

譲るとして、この本の帯、

 

 

「チェック(C)」の仕組みが9割。

 

とあります。

 

この時点で、なるほど〜!

という感じです。

 

 

そう、PDCAって、

ちゃんとやれば効果がでる

ことはわかっている。

 

でも、実際には、

 

世の中の経営者の多くは、

なかなかPDCAをできない。

 

PDCAをできない原因の大半は、

「チェック(C)」なんです。

 

経営者は、「実行(D)」

することは得意です。

 

「実行(D)」をするのが

得意だから経営者を

やっているのかもしれません。

 

「計画(P)」は苦手な方は多いですが、

「計画(P)」の意味を

 

「何をするか決めること」

 

と考えれば、それは得意な人が多い。

 

「改善(A)」も、

何をするのか決まれば

あとは、やるだけです。

 

得意です。

 

最大の問題は、「チェック(C)」です。

 

みんな、「チェック(C)」が苦手。

 

「チェック(C)」をやるのって、

一度立ち止まって、

振り返らなきゃならないので、

ちょっとしんどい。

 

これがなかなかできない。

 

書籍の中では、

チェックは毎月決められた日に行う

などといった手が

紹介されています。

 

要は、

チェックをやらなきゃ

いけない仕組みをつくる

ことですね。

 

やらなきゃいけない

仕組みになってれば、

そのためにみんな動きます。

 

 

PDCA以外でも、

やらなきゃいけない仕組みを

つくるといいことって

多いと思います。

 

いわゆる、

重要・緊急マトリクスでいう、

第2領域

 

 

PDCAの「C」も実は第2領域です。

 

つまり、

「重要だけど、今すぐでなくても大丈夫」。

大事なのに、ほっとかれがち

 

どんなものが第2領域かというと、

「今やらなくてもいいけど、

やれば未来が良くなること」

と考えておけばいいでしょう。

 

ただ、そういうのはどうしても

ほっとかれがち

 

いまやらなくてもいいものを

やるのって、エネルギー要ります。

 

だから、

しくみにしてしまうのは

一理ある、と思いました。

 

その方法としては、いくつか挙げると、

 

  • 毎月決められた日にする
  • 誰かと一緒にやる約束をしておく
  • やったことを誰かに報告すると決めておく

 

などなど、あれこれありますね。

 

参考になれば幸いです。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H30年4月17日(火)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です