LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

先日、ある社長から

売上目標について

ご相談いただきました。

 

 

お話しを伺うと、

彼は会社の売上目標を

●億円としている。

 

なお、その売上目標には、

根拠づけを行っているそうです。

 

根拠というのは、

 

利益目標が●百万円で、

 

そこから逆算すると、

 

売上目標は●億円になるという。

 

なるほど、

逆算による売上目標です。

 

逆算による売上目標のことは、

本ブログでも、たびたび

お伝えしています。

 

目標利益を生むために

必要な売上を逆算で計算します。

 

ただ、気がかりなのは

ここから先です。

 

じゃぁ、そもそもなぜ

その利益を目指すんですか?

 

ご相談の社長の場合は、

 

俺のカネにする!

 

という答え。

 

ここがもったいないな、

と私は思いました。

 

私はこのタイプの考え方の

社長をサポートする気は

ありません。

 

もちろん、

自分のカネにしたいという

気持ちはすごくよく

わかるんです。

 

でも、その考え方で、

スタッフは頑張って

くれるんでしょうか?

 

私がスタッフだったら、

こういう考えの社長の

ためには頑張れない。

 

そう思います。

 

「利益」、

もう少し正確に言うなら

「残すお金」は、

未来と連動してます

 

利益を出してちゃんと

お金を会社に残すから、

 

会社は未来に成長できるんです。

 

でも、利益を出す目的が

社長のポケットマネーの

ためだったら、

会社の成長はありません。

 

スタッフがしんどい思いを

してがんばっても、

 

社長の欲望のためだけに

使われるんだったら、

きっと、頑張れない。

 

ところが、

社長のポケットマネーの

ためではなく、

 

会社の未来のために

お金を残す会社なら

どうでしょうか?

 

つまり、目標を達成した後の、

会社の明るい未来を

社長が見せてくれる会社です。

 

頑張って残した利益が

会社の未来を良くしてくれるなら、

頑張ろうと思えます。

 

目標利益を目指す理由によって、

スタッフのモチベーションは

大きく変わります

 

だから、目標利益の理由って、

めちゃ大事。

 

そう思います。

 

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H30年4月17日(火)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です