LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

数日前のブログ記事で

書籍「PROFIT FIRST」のことを

書いたところ、

 

ある社長が実際に

取り組み始めてました。

 

 

なんとすでに、

PROFIT FIRST用の口座を開設済み。

(PROFT FIRSTは複数の口座を使って運用します)

 

さらに、著者のマイク・ミカロウィッツ氏に、

「PROFIT FIRST始めます宣言」の

メールも送信済み。

 

行動力が素晴らしい!👏👏👏パチパチパチ

 

 

PROFIT FIRST では、

会計の公式で革命があります。

 

一般的には、

 

売上ー経費=利益

 

です。

 

つまり、

 

売上のあと、

経費を使って、

残ったのが利益です。

 

ところが、PROFIT FIRST では

次の式で考えます。

 

売上ー利益=経費

 

つまり、

売上があったら、

まず利益をそこから抜いて、

残ったものを経費として使う。

 

ちょっとした意識の変化です。

 

でも、この意識の変化は革命的です。

 

 

さて、

実際にこれを実行するときに

何が大事でしょうか?

 

 

PROFIT FIRSTに限らずいろんなことで、

成果を出す共通パターンがあります。

 

それは、以下の3つです。

 

  1. とりあえずやってみること
  2. ハードルを小さくすること
  3. 定期的に報告する機会をつくること

 

「1.とりあえずやってみる」は、

とにかく実践をするということ。

 

日本人の仕事の仕方の特徴に、

最初から完璧にやろうとする、

というのがあります。

 

最初から完璧を目指すので、

うまくいかずに挫折しやすい。

 

でも、成果が出やすいやり方は、

実は、脱☆完璧主義です。

 

つまり、

完璧でなくていいので、

とりあえずやってみる。

 

繰り返しやってみる。

 

そうすると、

だんだんとできるように

なっていきます。

 

 

「2.ハードルを小さくすること」は、

無理をしないってことです。

 

PROFIT FIRST では、

利益率などを理想の値に

近づけていきます。

 

この、近づけるペースは

ほんとに少しずつでOKです。

 

一気にやろうとすると、

無理がかかるので、

挫折しやすくなります。

 

なので、焦らず小さな階段でやります。

 

 

 

「3.定期的に報告する機会をつくる」

というのは、

 

良いことも悪いことも含めて

定期的に報告する環境を

つくっておくことです。

 

報告する相手は、仲間でも

友人でも家族でもいいです。

 

定期的に報告する環境があることで、

それをやり続ける動機づけになります

 

私自身も仲間のコーチや

コンサルタントに報告する機会を

作ってます。

 

 

以上、

成果が出る行動の仕方の

共通パターンについてご紹介しました。

 

参考になれば幸いです。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H30年4月17日(火)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です