LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

漁師の知能指数の研究があるそうです。

漁師は一年分の生活費を

繁忙期に稼ぎ、

 

残りの時期をその貯金で

暮らします。

 

そんな漁師の知能指数テストが

残高のある時期とない時期で

成績が全く異なるというのです。

 

つまり、

残高のある時期は、

知能指数テストの成績が良く、

 

逆に、残高がない時期は

成績が悪くなるという。

 

なんとなく、わかります。

 

残高があると気持ちに

余裕がある。

 

残高がないと、

焦りの気持ちに支配

されてしまう。

 

気持ちも荒れて

しまうんでしょうね。

 

 

これは漁師の話ですが、

経営者もこういうのって

あるかもしれません。

 

つまり、

会社の銀行残高があるときは、

気持ちに余裕があるので

いろいろと考えられる。

 

逆に、銀行残高が

ほとんどないときは、

パニックになってしまう。

 

資金繰りを回すことだけで

頭がいっぱいになって、

他のことを考えられない。

 

こういうこと、

あるような気がします。

 

もちろん、資金繰りは大切です。

 

でも、経営者は

資金繰りをするために

経営をしているわけでは

ありません。

 

なので、できることなら、

資金繰りの悩みからは

解放された状態をつくりたい。

 

そのためには、

未来のお金の流れを

しっかりと見通しておくことです。

 

1年程度の未来の

お金の流れを計画し、

 

毎月、進捗をチェックし、

実績とのズレを縮める対策を

打っていく。

 

こうやって会社の

お金の流れがきちんと

コントロールされていれば、

 

資金繰りの悩みは

きっと小さくなります。

 

経営者が最大限の能力を

発揮するためには、

 

要らぬ悩みから解放される

状況をつくること。

 

これが大事だと思います。

 

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H30年3月20日(火)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です