LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

ある方から昨日の

記事で書きかけた「引き算

についてご質問をいただきました。

 

(昨日の記事)

空っぽのどら焼きから考える口コミ

 

 

昨日の記事では、

中身が空っぽのどらやきについて、

「口コミ」の視点から書きました。

 

今日は、「引き算」の視点から書きます。

 

 

中身が空っぽのどらやきは、

 

どら焼き - あんこ

 

です。

 

つまり、「引き算」です。

 

この場合はどら焼きですが、

世の中のいろんな商品や

お店の品ぞろえなどって、

「引き算」をすることで

特徴が際立つことって多いんです。

 

そして、特徴が際立つと、

覚えられやすい!

 

あと、「引き算」だと、

引いたあとのものに集中するので、

効率がよい

 

専門化するので、

高品質のものをつくりやすい。

 

といったメリットがありますよね。

 

 

私がよく例に出すのは、

「カツ丼屋」。

 

それはこんな感じです☟

 

Aさんは、カツ丼のお店を開業しました。

 

お客さんから

 

「たまご丼を食べたい!」

 

と言われ、メニューに

たまご丼が追加されます。

 

別のお客さんからは、

 

「オムライス食べたい!」

 

と言われ、またメニューに追加、

 

また別のお客さんから

 

「カレー食べたい!」

 

と言われ、さらにメニューに追加

 

さらに、ラーメン、チャーハンなど、

いろいろと追加されていきます。

 

結果、

 

当初はカツ丼専門店だったはずが、

少しずつお客さんに応えて

いった結果、どこにでもある

普通の定食屋になってしまう。

 

いろんなものを作ってるので、

効率がイマイチで、

意外に手間がかかる。

 

味も、まぁ中くらいかな・・・

 

という感じのお店になりがちです。

 

 

同じようにカツ丼のお店を

開業したBさんは、

カツ丼にとことんこだわりました。

 

ずっとカツ丼専門店のまま

やっています。

 

カツ丼専門なので、

効率よくできます。

 

調理も研究し尽くして、

こだわりの味になってます。

 

 

こんなA店とB店、

思い当たらないでしょうか?

 

A店は、足し算のお店です。

 

B店は、引き算のお店です。

 

 

結果的には、

引き算のお店の方に

魅力を感じる人が多いんです。

 

引き算は、小さい企業に

適しています。

 

なぜなら、引き算なら

小さい企業でもできて、

 

小さい企業こそ

本領を発揮できるからです。

 

参考になれば幸いです。

 

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H30年3月20日(火)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です