LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

昨日は、

ボストンコンサルティングの

日本代表、杉田浩章氏の

セミナーに参加してきました。

 

 

杉田氏ですが、なんと、

高校のOBなんです。

 

なので、この地域にゆかりが

あったことから今回のセミナーが

開催できたようです。

 

セミナーの内容は多岐に

わたりましたが、

 

私が最も印象に残ったのは、

リクルートで使われている

リボンモデルです。

 

 

(リボンモデルについて、なにげにググってみたところ、杉田氏による記事がありました。)

 

今回のセミナーの質問タイムで、

隣の席の女性が質問をしてました。

 

女性「リクルートの○○です。リボンモデルですが、いつも社内で飛び交ってます。(以下略)」

 

てか、リクルートの方だったのね。

 

それはさておき、

社内でいつも飛び交っているとは!

 

よほど、思考回路に

組み込まれてるんですね!

 

・・・なんて思いましたよ。

 

そう、

思考回路に組み込まれている

 

私、思うんですが、

どうして思考回路に組み込まれて

いるかというと、

 

直観的な図になってるから

だと思うんです。

 

そして、図を象徴する名前

「リボンモデル」。

 

あと、この「リボンモデル」を

繰り返し使っていること。

 

この3点だと思うんです。

 

 

和仁達也先生の

お金のブロックパズル」も同じです。

 

 

直観的な図になっている

 

象徴的な名前である

 

思考回路に組み込むためには、

あとは繰り返し使うこと

が大事ですね。

 

特に社員の方にも

理解してもらうためには、

繰り返しが大事です。

 

社員の方は、普段は

会社のお金の流れを

意識しませんからね。

 

社員向けに定期的に

「お金のブロックパズル」を

教えるのも、そういう意味が

あるんだと再確認できました。

 

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H30年3月20日(火)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です