LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

カーリング女子の

方言が話題です!

 

 

北海道弁(?)「そだねー」

 

 

他にも、「かい」「だい」などの

方言(?)が頻繁に

使われているとのこと。

 

言葉がかわいい。

 

いいよねー。

 

こんなふうにチームの中に

共通言語があると、

結束力も高まりますよね。

 

ーーーーー

 

私の所属している

日本キャッシュフローコーチ協会にも

共通言語がいくつかあります。

 

その中でも代表格なのが、AAP

 

AAPは、安心・安全・

ポジティブの頭文字です。

 

つまり、

 

A=「安心」

A=「安全」

P=「ポジティブ」

 

の略です。

 

このAAP、会社内でも

すごく大事なんです!

 

AAPができていないと、

いろいろなことが

うまくいきません。

 

どういうことかというと、

 

逆を考えてみればわかります。

 

安心・安全・ポジティブを裏返すと、

不安・危険・ネガティブです。

 

略して、FKN

 

FKNな会社だと、どんな感じでしょうか。

 

例えば、会議でこんな状況があります。

 

社長
おまえら、何か意見ないのか?

 

 こないだ意見言ってみたけどすぐに否定されたから、もう何も言わんとこ

 

何か言ってもどうせ通らんから黙っておこう

 

こないだA君が発言したけど吊るしあげられてたよな。うかつなことは言わないに限る。

 

社長、すぐ怒るからなぁ…

 

こんな感じで、

誰も発言しなくなります。

 

誰も発言しない会議、

結構いろんな会社であります。

 

発言がなければ、

何も良くなりません。

 

働いててもきっと

楽しくないですよね。

 

FKNだと、こんな感じで

うまくいかなくなります。

 

悪循環でどんどん悪くなります。

 

 

逆に、AAP、つまり

安心・安全・ポジティブ

状況だったら?

 

たぶん、こんな感じになります☟

 

社長
何か意見ありませんか?

 

 こないだ意見言ってみたら褒められたから、どんどん言っちゃおう

 

こないだ言ったアイデアが採用されたので、今回も別のアイデアを言ってみよう!

 

A君の発言から発展してこんなこと思いついた。それも言ってみよう!

 

みんなも発言してるから、僕も発言しよう!

 

という風に、どんどん意見が

出やすくなります。

 

好循環が生まれて、

どんどんよくなります。

 

こんな感じで、AAP

つまり安心・安全・ポジティブ

空気つくりってすごく大事です!

 

じゃぁ、どうやって

AAPな空気を作るのか。

 

それはまた明日書きます!

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H30年3月20日(木)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です