LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

平昌オリンピック

盛り上がってますね。

 

それにしても、

フィギュアスケートが

印象に残ります。

 

(ほんまさわやかなイケメンやわぁ…)

 

さて、宇野昌麿くんは、

最初の4回転失敗でも

開き直り、銀でした。

 

 

「負けず嫌いな性格」

「負ければ勝つまで研究」、

 

そういったものが、

強い精神力を支えているそうです。

 

なるほど。

 

 

—–

 

さて、会社だったら、

強い精神力だけで

やっていけるでしょうか?

 

 

期首に売上目標を立てるとします。

 

そして、期の途中の状況から

達成が無理そうと

わかったときに、

 

強い精神力だけで

踏ん張れるでしょうか?

 

「あ、やっぱ無理だ。

あきらめちゃおう。そもそも

テキトーに立てた目標だし、

まぁいいわ。」

 

となるかもしれません。

 

精神力だけでは頑張れない

ことってあります。

 

社長1人でやっている事業なら

まだ頑張れるかもしれませんが、

 

普通はスタッフもいます。

 

スタッフにまで強い精神力

頑張ることを求めても、

なかなか難しい。

 

どうすれば頑張れるのか?

 

頑張るためには理由が必要です。

 

理由もなく強い精神力は

発揮できません。

 

だから売上目標には

理由が必要です。

 

ちゃんとした理由をもって

売上目標を立てれば、

 

それが売上目標を達成

しなければいけない理由に

なります。

 

もし達成しなければ

どういう悪い状況に

なるのかもわかります。

 

そうなれば、踏ん張る

理由になりますね。

 

ちなみに理由をもって

売上目標を立てるには、

 

ビジョンから逆算します。

 

仮にこれから3年で

3,000万用意して新規店舗を

出すビジョンがあれば、

 

そのために毎年1,000万円貯める!

 

なんて考えたりします。

 

 

今期1,000万円貯める

目標になるので、

 

そこからさらに

逆算をします。

 

それには、

お金のブロックパズル☟を

使うと計算しやすいです。

 

今期の売上目標を逆算で求める。

 

こんな感じで、ビジョンから

逆算で売上目標を立てます

 

そうすると、今期売上目標の

達成をあきらめると

何が起きるかというと、

 

ビジョンの達成が遅れる

ことになります。

 

ビジョンの達成が遅れたら、

状況が変わって、

ビジョンが頓挫するなんて

こともあり得ます。

 

あるいは、

人件費が払えなくなったり、

返済ができなくなったり

するかもしれません。

 

そしてそうしたことが、

売上目標を達成しなければ

いけない理由になります。

 

達成しなければいけない

理由があれば、

強い精神力でがんばれます

 

そんなことを、

オリンピックの演技から

思いました。

 

参考になれば幸いです。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H30年3月20日(木)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です