LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

ネコが太り気味です。

 

 

健康に気をつかってあげたい

と思いますが、

 

エサを減らすと不満そう

 

そりゃぁそうですよね。

 

健康のために

我慢してもらいましょう。

 

—–

 

さて、経営ならどうでしょうか?

 

スタッフは、

報酬が減ったら不満に思います。

 

時給で働いているパートなら、

働く時間が減れば不満になります。

 

時間が減れば、

収入減に直結しますからね。

 

パートで入れる時間が短縮されれば、

他の仕事を探す人もいます。

 

他のパートスタッフと

不満を言い合う人もいます。

 

職場の空気が悪くなります。

 

空気の悪さは、

お客さんにも伝わります。

 

そうすると、客離れします。

 

なので、報酬は減らさない

ようにすることが肝要です。

 

—–

 

お店だったら、

客が少ないことがあります。

 

そういうときに、

パートに予定より早く

上がってもらえば

人件費は減ります。

 

でも、上に書いたような

悪影響が出ます。

 

そもそも、客が少ないのは

パートの人の責任ではない

かもしれません。

 

となれば、

余計に不満は噴出しますよね。

 

それよりも、

人を入れてるのに

それに見合う集客をできてない

ことが問題かもしれません。

 

なので、私なら、こういう状況なら、

早上がりしてもらう一時しのぎより、

集客に力を入れるかもしれません。

 

—–

 

報酬というのは、

「お金のブロックパズル」☟でいうと、

「人件費」です。

 

 

つまり、

人件費は下げないように

することが肝要です。

 

人件費を下げると、

いろいろと悪影響がでます。

 

人件費は、維持するか増加が基本です。

 

人件費を下げるのではなく、

「労働分配率」を下げるようにします。

 

「労働分配率」というのは、

粗利から人件費に支払う割合です。

 

「労働分配率」を下げるということは、

言い換えると

 

「生産性」を上げることです。

 

人件費が据え置きでも、

粗利が増えればいいんです。

 

人件費を増やすなら、

粗利をそれ以上に

増やせばいいんです。

 

そういう風にやっていけば、

 

スタッフのやる気も出て、

職場の空気も良くなって、

 

お客さんもどんどん

来るようになりますね。

 

こういう考え方が、

理想の経営と思います。

 

参考になれば幸いです。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H30年2月15日(木)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です