LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

昨日、「マチ工場のオンナ」の

最終回を再放送で見れました。

 

 

年末に見れなかった

最終回が見れてスッキリです!

 

 

ドラマの中は「リーマンショック」です。

 

仕事が激減して経営危機。

 

社員は出向。

 

銀行の返済も厳しい。

 

社長は給料ゼロの状態です。

 

 

そう、

経営者は状況によって

自分の報酬を削らざるを

得なくなることがあります。

 

経営者は

責任のある立場です。

 

いざとなれば、

責任を負います。

 

担保の自宅を取られたりとか。

 

—–

 

経営者は、

社員とは違う立場で、

多くの役割を持ってます。

 

いくつか挙げると、

 

●トップセールスマンの役割

 

●マネジメントをする役割

 

●投資者としての役割

 

など少なくとも3つの役割があります。

 

なので、経営者は、

会社が危機的状況の時なら別ですが、

 

通常の時なら、

最低でも社員の3倍の報酬

受け取ることができます。

 

というか、受け取るべきです。

 

経営者は、いざ会社の業績が

悪化したときには、

 

会社にお金を貸し付けたり、

自分の報酬を減額したり

しなければなりません。

 

それに備えるためにも、

通常時は最低でも社員の

3倍の報酬を受け取るべきです。

 

参考になれば幸いです。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2丁目9-3-303

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H30年1月19日(金)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です