LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

「マチ工場のオンナ」の

第4回を見ました。

 

毎度のことながら、

このドラマを見ていると

ツッコミたくなります。

 

 

ドラマの中で、ITツールの導入を

検討していました。

 

 

会社がお客さんに認められて

いた強みを聞くと「対応力」

だとわかります。

(強みをお客さんに聞くってのも大事ですね!)

 

先代の時代は、突発的な

受注にも対応していました。

 

今は現場の状況が十分に

把握できず、

うまく対応できません。

 

そこで、

ITツールの導入を検討します。

 

生産管理システムでしょうか。

 

工場内の生産の状況が

パソコンで確認ができます。

 

これがあれば、

突発的な受注を入れてもいいか

判断がつくようになります。

 

このシステムはいい!

 

となりますが、

社長は価格で迷います。

 

100万円。

 

カスタマイズすると200万円。

 

大きな費用です。

 

迷います。

 

ちなみに、ドラマの世界から離れて現実世界だったら・・・

 

「新しい経済政策パッケージ」が閣議決定されました。(H29年12月8日)

 

その中に、

 

「生産性向上に必要なIT・クラウド導入を、強力に支援する。」

「3年間で全中小企業・小規模事業者の約3割に当たる約100 万社のITツール導入促進を目指す。」

 

とあります。

 

要するに、IT導入を支援する

補助金が用意されます

 

参考として、

 

過去のIT導入補助金では、

費用の3分の2上限100万円)が

補助されました。

 

こういう補助金を活用すれば、

ITツールも買いやすくなりますね!

 

ドラマの世界に戻ります。

 

立体の材料から曲面の部品を

切り出そうとしています。

 

職人さんが加工方法の

工夫をします。

 

コストが3分の1になる

加工方法を見つけます。

 

そして・・・

 

マシニングセンタがあればこの加工ができるんだが・・・売上が上がったら買ってくれ!

 

マシニングセンタは、

簡単にいうと

コンピュータ制御の加工機です。

 

価格は数千万円します。

 

めっちゃ高いです!

 

こんな高価な機械は

おいそれと買えません。

 

ちなみに現実世界では・・・

 

閣議決定された「新しい経済政策パッケージ」に、

「『ものづくり・商業・サービス補助金』等の予算措置を拡充・重点支援する。」

とあります。

 

いわゆる「ものづくり補助金」が

用意されます。

 

参考として、

過去の「ものづくり補助金」では、

上限3,000万円費用の3分の2

補助されました。

 

とても大きな金額の補助金です。

 

「ものづくり補助金」を活用すれば、

マシニングセンタの購入の

ハードルもグッと低くなりますね。

(それでも自己負担分は結構な額ですが…)

 

過去には、創業直後でマシニングセンタを

「ものづくり補助金」で購入して

躍進している企業もあるようです。

 

ドラマの中では補助金は

活用していませんが、

 

現実世界には補助金があります。

 

なお、これらの補助金は、

おそらく年明けの2月か3月

くらいに公募開始になると

予想されます。

 

補助金を活用をしてみたい方は

早めの準備をおススメします。

 

早めの準で有利に活用できます。

 

準備というのは、以下の3点です。

 

1.事業計画(経営計画)の準備

2.経営力向上計画の認定取得

3.経営革新計画の承認取得

 

補助金は上手に活用すれば、

あなたの会社のビジョンへの

到達を加速できます!

 

参考になれば幸いです。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒470-0123 愛知県日進市野方町前田234-2-201

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H29年12月21日(木)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です