LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

鳥羽水族館のアザラシが話題です!

 

 

これ、実は上下がです。

 

ほんとうは・・・☟

 

 

 

うーん、かわいい!

 

ちょっと、八つ墓村感も

ありますね

(え、古い?)

 

 

さて、といえば!

 

根拠をもって売上目標を

立てるのって逆算やります

 

いろんな経営者と会ってきて

わかるんですが、

 

売上目標の立て方で迷う

経営者って多いです。

 

たいてい、なんとなく

売上目標を立ててます。

 

なんとなく、というのは、

 

去年いくらだったから

今年はコレくらいにしよかー

 

とか、

 

あの会社がいくららしいから、

ウチはコレくらいにしよかー

 

みたいな感じです。

 

でもそれで会社に関わるみんなが

頑張れるかというと、

なかなかそうもいきません。

 

その目標を目指す根拠が

曖昧ですからね。

 

なので、根拠のある売上目標を

立てるのが大事なんです。

 

ビジョンが明確だと、

そのビジョン実現のために

「会社にいくら残したいか」

明確になります。

 

根拠のある売上目標を立てるには、

「会社にいくら残したいか」

というところから

逆算で根拠を積み上げます

 

積み上げていく根拠は、

 

  • 直近の設備投資
  • 借入金の返済
  • 税金
  • 人件費予算
  • その他の経費予算
  • 粗利率

 

などです。

 

この逆算は「お金のブロックパズル」☟

を使うと理解しやすいです。

 

 

水色の矢印のように、

右下から左上に向かって

逆算で計算します。

 

で、この逆算あるあるが、

とんでもなくバカでかい売上目標が

出てくることです。

 

一発で適切な売上目標は

まず出ません。

 

逆算で売上目標を計算して

こんな売上目標、無理!

って思ったら、

 

1回戻って、一個一個の数字を

見直していきます。

 

これを繰り返します。

(正直、めちゃメンドクサイ

 

そうすると、

「これなら、なんとかなるかもな」

という売上目標が出てきます。

 

こうやって出てきた売上目標は

根拠があります!

 

ビジョン実現に向け、

ムダなものを極限まで削ぎ落とした

売上目標ですから!

 

こういう売上目標なら踏ん張れます

 

そして、根拠のある売上目標は、

ビジョン実現に向けて突き進む

最短コースでもあるんですね。

 

参考になれば幸いです。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒470-0123 愛知県日進市野方町前田234-2-201

「脱★ドンブリ経営実践セミナー」のお知らせ

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H29年11月30日(木)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です