LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

健康診断の予約をしました。

 

特定健診です。

 

40代になると毎年、市から

特定健診の案内がくるので

受診します。

 

特定健診の期限は11月末まで。

 

もうギリギリですね(^-^;

 

私は毎年この時期に受けています。

 

 

さて、「予約」といえば、

ある歯科医院の相談で

こんなのがありました。

 

それは、

予約のキャンセルについてです。

 

実は、予約のキャンセルって

院長とスタッフとで

危機感が大きく食い違う部分です。

 

スタッフは、

予約をキャンセルされても

何とも思ってません。

 

ノホホンとしてます。

 

 

でも、院長は危機感あります。

 

 

キャンセルがあれば、当然、

売上ダウンに直結しますからね。

 

実際、その歯科医院の

キャンセル率から計算すると、

失っている売上がかなりありました。

 

これは経営にダメージがあります。

 

キャンセル率を改善できれば、

経営も良くなります。

 

 

でも、

スタッフはノホホンとしていて、

キャンセル対策を熱心に

やってくれない。

 

院長からすると、

スタッフの危機感のなさは、

じれったいところです。

 

 

この歯科医院では、

医院のお金の流れをスタッフに

教育することになりました。

 

教育では、

スタッフにも理解しやすいように

「お金のブロックパズル」☟を

使います。

 

 

「お金のブロックパズル」では、

お金の流れを図で表しているから

直感的に理解できます。

 

利益が必要な理由もわかります。

 

借入金の返済や設備投資などは、

生み出した利益の中から

捻出するんですね。

 

だから、この医院では

黒字でもお金が回ってない

ということを

スタッフも理解できました。

 

このままでは借入金は、

なかなか減りません。

 

借入金を返済したら、スタッフ・

医院・患者さんにとって

どんな良いことがあるかも

説明しました。

 

ここまでくると、

医院経営を良くするために

スタッフが自主的に動き始めます。

 

キャンセル率を減らすために

どうしたらよいか考えて、

行動をしてくれます。

 

この歯科医院では、

無事にキャンセル率もかなり低下し、

理想の医療を実現できそうです。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒470-0123 愛知県日進市野方町前田234-2-201

「脱★ドンブリ経営実践セミナー」のお知らせ

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H29年11月30日(木)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です