LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

「パラダイス文書」が

世界で一斉に報じられました。

 

 

1年半ほど前の「パナマ文書」

に続くリークです。

 

これらは、いわゆる「租税回避地」

に関する文書ですね。

 

「租税回避地」・・・

私には縁遠い世界です。

 

「パラダイス文書」上の取引は、

全てが違法な取引ということでは

ないそうです。

 

ただ、その「匿名性」を

利用した不正使用があるの

が問題のようですね。

 

さて「租税回避」という

言葉から感じるのは、

 

「税金、払いたくない!税金取られずに、たくさんお金を貯め込みたい。」

 

というニュアンスです。

 

まぁ普通そうですよね。

 

 

租税回避地という特殊な

状況はさておいて、

 

 

企業経営で「節税」の話を

よく聞きます。

 

「税金払いたくない!」

 

ってやつですね。

 

節税、つまり払う税金を減らすために

何をするかというと、

利益を減らすのが基本になります。

 

税理士などの専門家の提案で、

社用車に高価な車を買ったりして、

利益を減らします。

 

利益を減らせば、確かに

税金は減ります。

 

でも、それで本当に

いいんでしょうか?

 

税金を減らすということは、

会社の未来に送るお金を

減らすことでもあります。

 

会社の未来にお金を送らなければ、

会社は成長しません。

 

資金繰りの苦しさも改善しません。

 

会社の未来にお金を送るには、

税金がついて回ります。

 

税金を払わないと、

会社は良くならないんですね。

 

会社の未来のお金をどうするのか、

それはとても重要なことです。

 

なので、そういったことを

専門家に聞くのではなく、

 

社長自身が自分なりに考えて

答えを出す。

 

その上で、念のため

専門家にもチェックしてもらう。

 

そんな風に、

税理士まかせではなく、

社長が主導権をもって

会社の未来を考えたら、

会社の未来は明るいです。

 

 

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

経営のこと、

お困りのことがございましたら、

下記までお気軽にご連絡ください。

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®/認定経営革新等支援機関/中小企業診断士)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒470-0123 愛知県日進市野方町前田234-2-201

「脱★ドンブリ経営実践セミナー」のお知らせ

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H29年11月30日(木)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です