LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

 

NHK「人間ってナンだ」で

AIの自動運転について

やってました。

 

 

その中で、「トロッコ問題」が

取り上げられてました。

 

「トロッコ問題」はこんな感じ☟の

哲学の問題です。

 

運転中、横から人が飛び出してきました。

向こうの方からは幼稚園バスが来てます。

避けなければその人は死にます。

避けるたら幼稚園バスの人たちが死にます。

目の前に飛び出した人を避けるか、飛び出した人を避けて対向車の幼稚園バスにぶつかるか、どちらにしますか?

 

目の前の人の命を救うのか、

それともバスの人たちの命を

救うのか?

 

二者択一

究極の選択です。

 

これ、正解はないです。

 

AIの自動運転がこの状況に

直面した時にどういう答えを

だすのか?

 

そんな話でした。

 

 

さて、経営の場合、人件費と利益が

二者択一かもしれません。

 

お金のブロックパズルで考えます。

 

図を見ながら読んでね。

 

 

この図は、左上の方から

見ていきます。

 

この図の売上(左)から

利益(真ん中の下)までを

超ざっくり説明すると、

 

まず売上があって、

 

売上から変動費(売上と連動した費用)

引いたのが粗利、

 

粗利から固定費(売上と関係なく発生する費用)

を引いたのが利益です。

 

なお、固定費は、人件費と

それ以外費用(その他の固定費)

分類できます。

 

 

で、図を見て考えます。

 

仮に、売上、粗利が一定とすれば、

 

利益を増やすなら人件費を削る。

人件費を増やすなら利益を削る。

 

そんな二者択一になりそうです。

 

でもそれって・・・

 

人件費削ったらスタッフが

やる気なくなります(^-^;

 

利益削ったら会社が

永続できなくなります(^-^;

 

困ったものですね。

 

利益と人件費の

二者択一は

必ず問題が

生じます。

 

だから、

 

利益、人件費の

両方取りしましょ!☝

 

やり方は、

 

まずはあなたの会社の数字を

ブロックパズルに

入れてみましょう!

 

その上で、

ブロックパズルを見ながら考えたら、

自ずとあなたの会社での

答えが見えてくるはずですよ。

 

要は、利益と人件費の両方を

増やす方法を考えるわけです。

 

利益と人件費の

両方を実現する経営

 

それが理想の経営です!

 

そのやり方は、

お金のブロックパズルで

考えましょ♪

 

あなたの会社の答えは

必ずあります!

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

経営のこと、

お困りのことがございましたら、

下記までお気軽にご連絡ください。

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒470-0123 愛知県日進市野方町前田234-2-201

「脱★ドンブリ経営実践セミナー」のお知らせ

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H29年11月30日(木)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です