LINEで送る
Pocket

キャッシュフローコーチ®の佐野敏幸です!

(友達申請はお気軽にどうぞ ⇒ FB )

 

子供向け ロボットプログラミングの

体験会のお手伝いをしてきました。

 

使用したロボットはコレ!☟

 

写真:softbankroboticsのページより

 

最近話題のロボットです!

 

簡単なプログラミングで

いろんな動きができちゃいます!

 

写真:Softbankroboticsのページより

 

今回の講習会では、このロボットを

10台ほど使用しました。

 

10台で総額1億円くらい?(推測)

 

内心、ビビります!(;・∀・)

 

プログラミングでロボットを

動かすのを子供たち一人ひとりに

体験してもらいます。

 

でね、やはり、子供たちの

目の輝きが違う

 

キラキラしてます!

 

そりゃぁ、そうですよね。

 

ロボットを動かす体験なんて、

ワクワクする

に決まってます!

 

この子たち、きっと

普段の学校の退屈な授業だったら、

死んだ魚のような目をしてたり

すると思うんですよ。

 

なぜそう思うかって?

…私がそうだったからです。

 

でね、

ワクワクしてると

主体的に動きます!

 

自分からどんどんやっていきます!

 

やらされてる感ゼロ!

 

すばらしい!👏👏👏パチパチパチ

 

経営でもそういうのってあります。

 

例として、経営理念。

 

経営理念って、

どんな考え方が正解てのは

ありません。

 

ただ、

こういう経営理念の会社は

上手くいってるなー、

というのはあるように感じます。

 

経営理念を

「〇〇しなければならない」

というように”義務感”で表現

してる会社ってあります。

 

でも、

そういう経営理念の会社の社長は、

「社員に浸透しない」

と悩んでる方が多いです。

 

ボッチ社長です。

 

そうではなくて、経営理念を

「〇〇したい」

というように”希望”として表現

してる会社もあります。

 

ある意味、

ワクワクする経営理念

です。

 

そういう会社だと、

経営理念に共感してる社員が

比較的多いようです。

 

それは、社員の主体性から

感じます。

 

ワクワクできるかどうかって、

やはり主体性に大きく影響します。

 

その点、

子供も大人も変わりませんね。

 

子供向けのロボットプログラミング

体験会から、そんな気づきを得ました。

 

今日はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

経営のこと、

お困りのことがございましたら、

下記までお気軽にご連絡ください。

佐野敏幸(キャッシュフローコーチ®)

090-1967-8178

sano.hkm@gmail.com

〒470-0123 愛知県日進市野方町前田234-2-201

「脱★ドンブリ経営実践セミナー」のお知らせ

「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

「社員との危機感のズレでストレスを感じる」

そんなお悩みを解消するのが

このセミナーでお伝えしている

「お金のブロックパズル」

を用いた経営です。

H29年10月27日(金)18:30~20:30 豊橋 会場:豊橋市民センター(カリオンビル) (FBイベントページ

それぞれ定員6名です。

参加ご希望の方は、

お早目にお申込みください。

 

【お申込み/お問い合わせ】

お申込みは

上記のFBイベントページ、または、

メール(sano.hkm@gmail.com)、

電話(090-1967-8178:佐野)からどうぞ。

お問い合わせもお気軽に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です